「最後は人」の人に辿り着くまで

レポート

「最後は人」の人に辿り着くまで

最後は人。だったり、結局は人だねってこと、たまに聞きます。
でも、その「人」に出会うためには、
もしくは、そんな「人」になるためにはどうしたらいいんだろう??

今日はそんなことをばくっと考えてみました。
 
 

 
 
やっぱり、人との出会いは「運」な気がする。
でも、それだけじゃない。運を引き寄せるものってあると思う。

運を引き寄せるとするならば、それは「勘」。
たぶん、正確には「経験に裏打ちされた勘」かな。

だから、勘を研ぎ澄ますためには「経験」が必要なんだと考えてる。

そして「最後は人」を具体的に落としこむとするならば、
いかにして「経験は積まれる」のかになる。

昔先輩に頂いた言葉ですが、「自分に出来る仕事しか来ない」
逆に言うと、自分に来ない仕事は「自分に出来ないと思われている」
ってことになるんだろう。

経験も無い人に経験させるのは難しい。
でも、その他の実行力と、新しい経験分野に対する知識を得る
努力が見えれば「経験させてもいいかな」って感じる。

だから、経験は「的確な知識量」と「行動力」に比例する。
 
 

つまるところ、基礎基本と日々の不断の努力って大切だね。
まだ見ぬだれかに出会うために。
 
 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す