いつでも告知可能なコミュニティを内包した「コンテンツ」

アイデア ウェブサービス

いつでも告知可能なコミュニティを内包した「コンテンツ」

コンテンツはいい。毎日、たくさんの良質なコンテンツに触れ、暇つぶしになるし、学びにもなり、幸せな気分にもなる。なにより楽しい。ありがたいことに、世の中には良質なコンテンツがそれこそ消化しきれないほどに溢れている。

コンテンツは大抵何かしらのプラットフォームで提供されていて、例えば漫画だと週刊誌だったり、アニメだとテレビだったり、といった具合にプラットフォームとセットで提供されている事が多い。

ここでふと、「コンテンツは毎回必ずプラットフォームで提供されなければならないのか?」ということが気になりました。もちろん、何かしらのプラットフォームで提供されなければ知られる事も少なくなってしまうのだろうけれど。

そういえば、ソーシャルゲームの「マイページ」はすごいと思った。ソーシャルゲーム自体「コンテンツ」なのだけれど、「いつでもコンテンツを追加したり削除したり出来る柔軟性」があり、そんなソーシャルゲームを遊ぶ人は大抵必ず「マイページを通る」のだから。

このあたりに何かヒントがありそうだ。
 
 
ソーシャルゲーム自体は「プラットフォーム」の中で提供されている事が多い。(スマホアプリなど、そうでない場合も増えてきているが)だけれど、いざゲームの中に入ってみると、そこは「コンテンツ」がいつでも修正を加えられるスペースだ。

しかも、ユーザーは「いつでも」ゲームを遊ぶ事が出来るし、「毎日」訪れるユーザーも多い。これほど、ユーザーが常時接続しているコンテンツが今まであったのかな。

いつでも、新イベント(コンテンツ)の告知がでるし、ソーシャルゲームがアニメ化されたら告知できるし、漫画化されても告知出来るし、新しいゲームが出来ても告知出来る。だって、みんな毎日「マイページを通る」のだから。

しかし、ソーシャルゲームはそもそも「デジタル」で「オンライン」であることを前提としたコンテンツだからちょっと特殊なのかもしれない。

週刊誌で提供されている漫画は「紙」だし、テレビで提供されているアニメは「動画」で、基本的に一方通行になる。でも、ソーシャルゲームのような「構造」を持つことが出来れば何か変わるのかもしれない。
 
 
例えば紙の漫画を考えてみる。ソーシャルゲームのような構造を参考にしてみるので、まずは「デジタル化」かな。これは電子書籍などでもう出来ているし、すぐにできそうだ。

次に「オンライン」であることを考えてみる。電子書籍に常時接続、もしくは常時接続でなくとも「毎日アクセスする」ような形式にすると良い気がする。

例えば、「毎日」「3話」だけ無料で見れる。という風にするとどうだろうか。ポイント制や時間が経つとゲージが溜まって読めるようになるなど演出を加えると良いのかも。

ちょっとだけ、空いた時間に3話分読んで楽しむ。また読めるようになったら「通知」してくれるとか。あ、これなら自然な感じで「毎日アクセス」してもらえそうな気がする。

そう考えると、いつも持ち歩いている「スマートフォン」向けが良いのかな。でもまてよ、「ガッツリ、もっと全話一気読みしたいんだ!」という人もたくさん出てきそうだな。

そしたら、4話目以降は1話ごとに販売したら良いのだろうか。。仮に50話あったとして、1話100円で販売する。全話揃えたとしても5,000円で読める。でも、1,000話あったら5万円になってちょっと高い気もするな。

だったら「月額500円で読み放題」とするのはどうだろうか。一気読みもできるし、少しずつでも読めるし、思い出した時にいつでもどこでも読める。

ただ、ずっと新しい内容を増やして行かなければユーザーも減っていくだろうし、「漫画の一タイトル」もしくは「一人の漫画家」単位にしなければ、ステークホルダーが増えるほど収益が分散し、このモデルは難しくなるのが注意点だ。

同じ漫画家がやっているのであれば、新しい作品が出来た時に告知できるし、単行本やアニメ化の告知、イベントの告知なんかもいつでも出来るようになる柔軟性を備える事が出来る。他の商品とタイアップしても良いだろうね。
 
 
同じ事が動画(アニメやドラマ)などでも出来るんじゃないかな。紙でも、動画でも、どんなコンテンツであっても、「デジタル化」し「オンライン化」すると幅を広げること(狭まることも)が出来そうだ。

そんな風に、ここまで全て「コンテンツ開発者」の視点でずっと書いてみました。実際は複雑な関係で成り立っていると思うけれど、「コンテンツ開発者」視点で考えてみて、まだまだ新しいビジネスモデルが組めそうな気がする。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す