はじめてのiPhoneアプリ開発、の前にMacbook Pro購入&準備編。

アプリ

はじめてのiPhoneアプリ開発、の前にMacbook Pro購入&準備編。

iPhoneアプリ開発にチャレンジしようと思い立って、最初はMacbook Airを買ってやってみようと考えたのですが、6月に新型が出るかもしれないという情報があったのでちょっと悩んでました。

Macbook Pro

最終的には、ちゃんとプログラミングを覚えるのであればMacbook Proがいいよと教えてもらって、さらに、Macbook Pro 13インチを買うならMacbook Air買う方が良いらしく、15インチ版を購入☆このエントリは、Macbook Proに慣れる為のはじめてのエントリです。

Apple MacBook Pro 2.66GHz Core i7/15.4″/4G/500G/8xSuperDrive DL/Gigabit/802.11n/BT/Mini DisplayPort MC373J/A
Apple MacBook Pro 2.66GHz Core i7/15.4

ちなみに、Macbook Proの13インチはCore 2 Duoで、15インチはCore i7プロセッサ搭載なのですが、Apple店員さんによると、Core 2 Duoは二人で頑張り、Core i7は八人で頑張るという事なので、15インチ版は全然違うんですと。

そういえば、Appleの店員さんの、Appleブランドへの意識は非常に高いなと感じた。商品の勧め方、梱包の仕方など、一つ一つにこだわりが感じられた。もちろん、商品にも。

店員さんと一緒に探しまわって選んだオプションは、マウス、ケース、Microsft Office、i Work。

Apple Magic Mouse MB829J/A
Apple Magic Mouse MB829J/A

SANWA SUPPLY MacBook pro 15.4インチ用 プロテクトスーツ IN-MAC15BK
SANWA SUPPLY MacBook pro 15.4インチ用 プロテクトスーツ IN-MAC15BK

Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック
Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック

iWork ’09
iWork '09

ここまで準備して帰宅。開封して、美しいボディを取り出してはじめて起動した時のオープニングムービーがまじ超かっこ良かった!買うときも、持ち帰る時も、開封、起動してからもいつも怠らず魅せるApple。こりゃファンが増えるわけですね。

そして環境設定など。購入したソフトをインストールしたりする中で気づいたのですが、Google Chromeって、複数のPC(というかブラウザ)で同じ設定に同期できるんですねー。ブックマークとか、パスワードとか、アドオンとか、環境丸ごと全部。こりゃ便利!

Google Chromeの環境設定(Winだとオプション)から、個人設定→同期設定で、自分のGoogleアカウント情報を登録したら勝手に同期してくれます。※ただ、パスワード情報などもGoogleに預ける事になるので要注意。

ただ、ちょっと困ったのは、今まで使ってたWin PCのi Tunesに入っている購入済み音楽データを、このMacbook Proにコピーする手段がよーわからんかったこと。これはおいおい解決しよう。

その他やった環境設定として、Mac用のFTPソフトは、「macでフリーのFTPソフト FFFTPに似たFireFTP」を参考にして、Firefoxアドオンでやってみたら簡単に出来ました^^

さて、いよいよ、iPhoneアプリ開発の準備です。参考にしたサイトは下記のようなところ。

・ 今更ですがiOSアプリ開発の基礎について色々調べてみました
C言語すら知らなかった私が2ヶ月でiPhoneアプリをリリースするまでにやった事。
iOSアプリ開発の準備

上記のようなところを参考にしつつ、

Apple developer

でデベロッパー登録をして、(私の場合は、まずは無料登録だけすませました)、iPhoneアプリ開発ツールである、

・ Xcode

をApp Storeで購入、インストールしてまずは環境設定完了。これだけでも開発の勉強を開始は出来るのですが、その他に準備しているものは下記のようなもの。

iPhone SDKの教科書―Cocoa Touchプログラミング、最初の一歩
iPhone SDKの教科書―Cocoa Touchプログラミング、最初の一歩

たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]
たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

ただ、書籍は購入したものの、あんまし説明書というか教科書は読まないタイプなので、まずはWeb上に落ちているソースとか作り方を参考にして、とにかく手を動かしまくってみたいと思います。

Apple iPod touch 32GB MC544J/A 【最新モデル】
Apple iPod touch 32GB MC544J/A 【最新モデル】

Apple iPad2 Wi-Fiモデル 16GB ホワイト
Apple iPad2 Wi-Fiモデル 16GB ホワイト

私の場合は用意したというより、既にiPhoneとiPadを持っていたので良いのですが、「iOS」搭載端末が無いと実機テストができないっす。ただ、最初作るだけだったら開発アプリの「Xcode」にビューアーが付いてますので問題無いかと。

さて、ちょっと長文になっちゃいましたが、これでたぶん準備は完了したはずなので、いよいよiPhoneアプリ開発の勉強にはいっちゃいたいと思います^^まずは下記をやってみようっと。

・ iPhoneアプリを作ってみよう(Xcode4編)第1回:じゃんけんゲーム



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す