「火天の城」継ぐもの

映画

「火天の城」継ぐもの

何かを成し遂げようとする人は、必ず何かを得ることが出来る映画だと思った。

現代だからこそ、こんな映画が、必要なんだと思う。

文字通り、命を懸けた人々の物語。
安土の山を、丸ごと一つ、城にする。
城造りは、国造りじゃ。
天下一の御神木で、天下一の城を造る。
おぬしの夢に、おらも懸けてみる!
お城の為だったら、仲間だって捨てられる。人の命なんてどうでもいいの!
その微笑の裏で、その人がどれだけ辛い想いを噛み締めているのかお分かりにならないのですか。
出来ぬものは、出来ませぬ。
作事はお前たちの戦場であろう!
作事は、職人たち一人ひとりの、心を組んで成すものにござりまする。
お前たちこそ、神の手じゃ。
これらの言葉、一つ一つに、命の輝きがある。重みがある。想いがある。夢がある。
求めるものではなく、求められるものでもない。“継ぐもの”であると感じた。
感動した、泣いた、そんな言葉で片付けられない、重みがあった。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す