主観を鍛える事にこだわる

日々

主観を鍛える事にこだわる

突き抜ける、主観。直感と言い換えてもいい。いろんな指摘も、刺激もあるだろう。
それでも、あくまでも「主観」を貫く「覚悟」と自分に対するシビアなコミット
360度、あらゆる角度から「多様な」人々が考えつくした事すら飲み込んだ、主観。
誰かが「客観的」だと言っても、誰かは「主観的」に感じるかもしれない。
結局のところ、客観的に感じるという事さえ、人の主観によるところ。
それならば、「客観的に物事を見る」ではなくて「主観を磨け」という話しかもしれない。
もちろん「わがままw」になるという意味の「主観」ではなくて、
ギュイーンと脳みそ動かして考えた時の「主観」が多くの「納得」を得られるように、
あくまでも、「主観」を鍛える事にこだわる。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す