光と影「安井神社」

旅行

光と影「安井神社」

光があるところには、必ず影がある。そんな人間臭い、人間らしい話し。

京都の花街「祇園」。その裏手の細道を進んだところにある「安井神社
縁切り(転じて縁結び)の神社。

安井神社 縁切りいし

安井神社には「縁切り碑(いし)」という真ん中に穴の開いた碑があります。
具体的に、誰と縁を切りたいと書いて貼り付けた後、
真ん中の穴をくぐると、願い事(縁切り)が叶うという碑。
この他に絵馬も大量にかけられれているのですが、
そこには不倫相手が奥さんと別れますようにとか、○○家と縁が切れますようにとか、
名前(フルネーム)、時には住所まで書かれていたりします。
たくさん読んでみたのですが、「結婚して、でも自分の都合で離婚したけど、
やっぱり時間が経ってみてあなたが必要でした。そんなあなたはもう
他の女性と結婚してるけれど、その女性と縁を切って私の所に戻ってきて!」
みたいな、すごく人間らしい矛盾がそこにはあって、興味深かった。
神社でするお願い事って、安全とか、お金とか、夢とか、学問とか、
そういった事が多いと思うんですが、安井神社の縁切りみたいに
えらく人間臭い願い事を聞いてくれる神社が珍しくて興味深い。
それが、華やかな「祇園」の裏手に位置しているっていうのは、
やっぱり、そういうニーズがその周辺にはあったから、と言う事なんだろうか。
もしくは、もともと神社があって、だからこそ祇園に花街が出来たのだろうか。
表の、夢を見る世界を一歩外へ出ると、そこには人間らしさがあった。
この安井神社の入り口(or 出口?)には、ラブホテル街が広がっている。
不倫中のカップルが夜な夜な奥さんとの縁切りを祈願しにくる。
しっかと祈願した後は、そのまま・・・なんて秀逸な導線設計なんだっ!w
ご不満選手権じゃないですが、縁切りなど、一見「負」に見えるけれど、
実はすごく人間臭い、人間らしいコンテンツを、ネットに用意しても良いかもですね。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す