捨てる度胸から始まる3要素

日々

捨てる度胸から始まる3要素

日々、膨大な情報に接していたり、難解な課題に立ち向かっていたりする中で、

全部抱え込んでしまっては、身動きが取れなくなってしまう。
捨てる度胸。忘れる力、スルー力、そういったものが必要になっていると感じます。
もちろん、捨てる、忘れる、スルーしても、いつでもすぐに取り出せるよう、
どこかにストックしておく、というセーフティネットは張っていないといけない。
また、ストックするにも、どうインターフェースデザインするかなど、工夫が必要。
さらに、捨てる度胸と必ずセットでなければならないのが、見極め力。
仮に、A → B → C → Dと流れる中で、「B」と「C」が本当に必要なのかなど、
本質を見極める力。そういった細かな「改善」の積み重ねで、捨てる度胸が育つ。
この三つの要素を突き詰めると、自然に「タイミング」を推し量る力も身につく。
「捨てる度胸」、「ストック力」、「見極め力」この三つの基本要素を、
真面目に積み重ねていくことで、この膨大な波を乗り越えていくのだー!がおー!

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す