「天使と悪魔」神か、金か。

映画

「天使と悪魔」神か、金か。

※本文中には、ネタバレ的要素も含みますのでご注意を。
ずっと観ようと思ってた「天使と悪魔」をようやく観てきました?。

う?ん。正直なところ、前作「ダヴィンチコード」の方がおもろかったかも。。

とはいえ、前作から問題作と言われていたこのシリーズ、

最後の一言が、なんだか気になりました。

人間に欠点があるように、神にも欠点があるのだ。

これ、映画の中とはいえ、キリスト教の枢機卿が言ってた。
まぁ、私は無宗教なのでよーわからんのですが・・・
ちょっと昔(数十年前)だったら、こんな言葉、たとえ映画でも言えなかったのでは?
なんて考えたら、なんだかおもしろいなぁと。
本編に関しては、ヴァチカンの美しい芸術たちが、もう次から次へと出てきて、
物語のスピード感も、ハラハラ感もなかなか楽しめました。
あと、秘密組織「イルミナティ」がキーになってるけど、
結局イルミナティは現代に蘇って無いのだから、なんだかロマンが足りないw
かつ、神を過剰に信奉しすぎるラスボスであるが、
金で暗殺者を雇っているという設定も、いささか人間臭すぎてちょっと残念。。
それにしても、ラスボスが「反物質」をヘリに乗せて上空で爆発させるけど、
あれ、もしさ、謎解きが出来なかったら、ヴァチカンを吹っ飛ばす気だったのかな?
キリストを心から信奉するラスボスのはずだから、心理的に少しおかしいかも。
映画だからギリギリで見つけたんだろうけど、普通に考えたら設定ミス?wなんてw
とはいえ、トータルとして、なかなか楽しい作品でしたよ?。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す