見抜くチカラを鍛える

日々

見抜くチカラを鍛える

                                    <div>情報が氾濫しているからこそ、自分の<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">"見抜くチカラ"</span>ってのは、常に鍛えておかないといけないかなぁってことで、日頃やっていることを少し書いてみたいと思います。</div><div><br /></div><div><br /></div><div>本を読む時、読み進みながら、これは大切だなと思った部分は、端っこを折り曲げるようにしてます。そうして最後まで読み終わったら、ブログに書きながら、もう一度折り曲げたところをさらっと読み返す。これでおさらいが出来て、文字に起すのでしっかりと頭に整理される。</div><div><br /></div><div>これがいつの日かもう一度読み返す時に結構役に立ってて、折り曲げたところを軸に読み返したり、折り返したところじゃない部分が今度は大切だなぁと考えたり、今の自分にとっても、未来の自分にとっても役に立ってる。</div><div><br /></div><div><br /></div><div><ol><li><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">読みながらポイントにしるしを付ける</span></li><li><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">最後にしるしをもう一度さらっと流す</span></li><li><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">自分で考え、ブログに文字を起こす</span></li></ol></div><div><br /></div><div><br /></div><div>まぁやり方はなんでもいいのですが、この3点意識しながら見抜くチカラを鍛えてます。</div><div><br /></div><div>今まで読んだ本はこちら ⇒ yuatetsuの本棚</div><div><br /></div><div><br /></div><div>他に、毎日RSSリーダーでいろんな記事を読んでいるのですが、大切だと思う記事をブクマする際も、一度さらっと全文読んで、中身がどんなものか押さえたら、<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">その文章の中で最も大切だなと思う一文</span>を引用してブクマするようにしてます。</div><div><br /></div><div>基本的に、<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">タイトル×引用文を読んだだけでその記事の中身が理解できる</span>ものを。これも、後で読み返す時にすぐに思い出す事が出来たり、後で読み返したらまた違ったりとを繰り返しながら、最近はぐっと精度が上がったなぁと感じてます。</div><div><br /></div><div>そんなこんなを日々繰り返しているのですが、そうやって鍛えていると、もちろんいろんな知識が自分の身につくという利点に加え、<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">より早く、より大切なものを見抜くチカラ</span>が鍛えられる。もっと早く、同じ時間でもっと多くの、もっと大切なポイントを押さえられるようになり、<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">広く、全体を見渡せるように</span>なります。</div><div><br /></div><div><br /></div><div>そんな日々のブクマをほぼ毎日メルマガ配信してます。宜しければ☆</div><div><br /></div> <div style="border:#666 1px solid;width:500px;">
メルマガ登録・解除
?

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す