「ダヴィンチコード」導師の敗因

映画

「ダヴィンチコード」導師の敗因

天使と悪魔」の5月15日公開を前に、やっぱ前作「ダ・ヴィンチ・コード」が

見たいなーと思って、はじめて観てみました。

もともと歴史も大好きだし、ストーリーも、演技も、どんどん映画の中に
引き込まれていく感じがして、なかなか面白かったです。
映画の中でラスボス的立ち位置である「導師」
では、導師の敗因は、いったいどこにあったのか。
それは、この台詞に集約されているような気がしました。

私一人でも、この謎を解くことはできたが・・・

そう、導師は言いつつ、しかし、最期の謎解きを主人公に任せた。。
その、最期の行動に全てが集約されそれまでの行動に現れているのではないか。
もしも本当に自分ひとりで謎解きができたのであれば、
最初からそうしていれば、そう徹していれば、、導師の勝ちだったのではないか。
一番重要な謎解きを他人に任せてしまった導師の心が敗因なのではないか。
仮に、導師に謎を解く力が無かったからだとしても、ね。
そこは、別のこの映画の中だけじゃなくても、すごく大切な要素だと思うのです。
主人公は謎を解くことだけを探求した。導師はそれによる名誉、自己満足に囚われた。
注視している深層心理は何か、探求する信念は何か。
まぁ、映画なのでストーリーが組まれているのですが、
しかし、そんな視点から映画を観るのも、また楽しいかもしれない。
(そういえば、TUTAYAで借りたけど、せっかく「天使と悪魔」公開直前だというのに、
 ダ・ヴィンチ・コード特集コーナーすらなかったのは、もったいないことだと思った)

ダ・ヴィンチ・コード [DVD]
ダ・ヴィンチ・コード [DVD]
—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す