BAKUMAN

未分類

BAKUMAN

たまたま手にとって読んでみたら、

なかなかおもしろかった。
・ BAKUMAN (バクマン) 大場つぐみ × 小畑健
中学3年生の主人公が、ふとした(強引)なきっかけで、
「夢と恋」を叶えるため、漫画家を目指す。
そんな物語。
ちょっと、たまにフザケたところもあるけれど、
マジに、熱いところもあり、なんだか「BECK」を思い出した。
集英社のジャンプ編集部もリアル?に描かれてて、
漫画家になるためのことが、契約関係まで細かく書いてある。
ってか、漫画家が漫画家を目指す漫画を書くって設定おもろw
まだ2巻までしか出てないみたいだけど、続きが楽しみ。

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す