「思いつき!を会社にする」読了

読書

「思いつき!を会社にする」読了

                                    や?、いつも思うのですが、和訳のタイトルって、イマイチですね。この本は、確かに「アイデア」から大きな企業に成長するに至るもろもろが書いてありますが、「ビジネス」そのものが書いてある。<div><br /></div><div>▼<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484031124?ie=UTF8&amp;tag=linkaman-22&amp;linkCode=as2&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4484031124">思いつき!を会社にする―コースターのメモから始まる成功法則</a><img src="https://yuatetsu.in/wp-content/uploads/HLIC/accba0b69f352b4c9440f05891b015c5.gif" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
 評価:★★★☆☆ (amazonの評価:★★★★☆)
「アイデア、起業」からはじまる本書。本書を読み進むにつれ、起業前、起業時、起業後、成長期といった具合に、ほんと、コト細かく書いてあります。
「人」、「物」、「金」についてはもちろん、弁護士などの専門家への対応など、起業、いや、「ビジネス」そのものについての教科書みたいな感じ。
最初から3分の1くらいまでは吸い込まれるように読んでたのですが、それ以降は、ちょっといろんな分野に振れるので、何か課題にぶつかったときの参考にはなるけど、まぁ、イマイチ。
もちろん、「起業」だけではなく、サラリーマン視点で見ても、「各章に書いてあるビジネスの構造」に置き換えたり出来、実業務に活かすことが出来る本だ。実践本。
やっぱ、最近いろんな本読んでて感じるけれど、「明確さ、透明性、ビジョン(+情熱)、(他者に対する)ベネフィット、仲間」といった根幹を担う部分、徹底的に磨かないとな。
最後に「アイデア」について。革新的だと思うアイデアでも、必ず似たアイデアは既に世の中にあると知るべき。もしも本当に世の中に無いのであれば、それは “基本的には” 時期尚早ということだ。

思いつき!を会社にする―コースターのメモから始まる成功法則
思いつき!を会社にする―コースターのメモから始まる成功法則

・yuatetsuの本棚
                                -----

EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す