エコアピール

日々

エコアピール

なんか、風呂入りながらふと考えたことを殴り書きメモ。

エコについて。「エコ」と言われても私はあまり敏感に反応する方ではないですが、
エコについての情報収集は、浅く(ほんと浅く)広くは情報収集してる。
グリーンニューディール政策とか、東芝とかトヨタの動きとか、
太陽光パネルの色を変える技術が開発中で実現したらデザインに取り込めるなとかとか。
そいで、ふと思ったのです。
私だったら、「エコアクション」や「地球のために」とか「未来のために」と言われても、
ピクリとも響かない。自分勝手なのかは分かりませんが、そんな人の方が多い気がする。
エコ=未来のために⇒みんなのために⇒しいては、自分のために。。。
と、少し遠い感じがするんですよね。
ただ、そんな私が、グリムスのブログパーツを貼っとるわけです。
これは、なんでやねんと。(グリムスについてはグリムスのサイトをご参照ください)
グリムスはね、なんだか好きなんです。なんだか貼っていたいんです。
それってさ、エコアピールしたいんじゃね?オレ。って考えたらすごくしっくりきた。
おれ、エコやってるからオシャレっす!
とまで言ったら言い過ぎですがwそんなニュアンスだと思うんですよね。
しれっとエコアピールしとるわけです。それが、案外悪くない。むしろ、心地よい。
それは決して、エコアクションしてる気になってるからじゃない。私はね。
ほいで、「エコアピール」と検索してみたら、

グリーンハウスは、USB式充電器「エネチャージ」にネーム入れができるサービスを開始した。企業のエコアピール用ノベルティとしての需要を見込んでいるという。

これ、確かに企業のエコアピール的要素も含まれていると思うけど、
むしろ「エネチャージ」を会社PCで使ってる人の「エコステータス」の方がデカイと思うわけです。
(それが結果的に企業のエコアピールにも繋がるわけでしょうけど)
私がもし「エネチャージ」をもらったら、早速会社で使って、
「おれって、こう見えてエコなんだよね!」なんて自慢しちゃうと思う。
「地球のために!」じゃなくて、「おれってエコでオシャレでしょ!」となるアプローチ。
そんな人間臭い視点からだったら、何か出来そうな気がした。(風呂の中ではw)

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す