日常と、非日常。

駄文

日常と、非日常。

                                    <a href="http://www.sony.jp/playyou/main/#/playyui/detail/schoollive">YUIのスクールライブ</a>の動画を見ていて感じていた<div>違和感についてちょっと考えてみました。</div><div><br /></div><div>YUIが高校の吹奏楽部の演奏と合わせてライブを行うという、</div><div>テレビCMでも使われている動画。</div><div><br /></div><div>YUIは、人気のアーティスト。そんな人と一緒に</div><div>演奏できた学生は一生の思い出になると思うのです。</div><div><br /></div><div>私だって大好き、だってカワイイし、歌も好きだし、可能なら会ってみたいし、</div><div>二人で話してみたいし、あわよくば付き合いたいし・・・w</div><div><br /></div><div>そう、でも、(普通は、というか大半は)そうはならない。</div><div>つまり、その他大勢の人にとっては、「<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">非日常</span>」なのだ。</div><div><br /></div><div>YUIが自分の学校に来て、一緒に演奏できる、</div><div>もしくは、スペシャルライブを観ることができる。</div><div><br /></div><div>そういったものは、「<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">非日常的な世界</span>」なのだ。</div><div>だから強烈な印象になるし、感動も沸き起こる。</div><div><br /></div><div><span class="Apple-style-span" style="text-decoration: underline;">非日常的な世界なのだから、強烈な違和感(感動)でいっぱいなのだ。</span></div><div><br /></div><div>ただ、その非日常的な世界に、唯一、日常的なものがある。</div><div>それが、YUIが首からさげている「ウォークマン」。これだけが、</div><div><span class="Apple-style-span" style="text-decoration: underline;">日常的なもので、非日常的な世界に違和感(不要)を持ち込んでる。</span></div><div><br /></div><div>この、「<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">日常</span>」と、「<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">非日常</span>」のバランスは興味深い。</div><div><br /></div><div>・喫茶店は非日常的な世界だ。座ってお茶を飲むのだが、自宅ではない。</div><div>・家でご飯を作って食べる。それは日常だ。</div><div>・将来の夢、将来の職業は、未来の日常であって、今は非日常なのだ。</div><div><br /></div><div><span class="Apple-style-span" style="text-decoration: underline;">この、立ち位置の関係性が面白い。</span></div><div><br /></div><div>・喫茶店は、<span class="Apple-style-span" style="text-decoration: underline;">日常の中に潜む非日常的な世界だ。</span></div><div>・将来の夢は、<span class="Apple-style-span" style="text-decoration: underline;">日常の先にある非日常的な世界だ。</span></div><div> ユーキャンのシカクムービーは、日常の先にある非日常だ。</div><div><br /></div><div>では、<a href="http://www.sony.jp/playyou/main/#/playyui/detail/schoollive">YUIのスクールライブ</a>はどうなのか。</div><div>非日常的な世界の中に、日常を持ち込んでいる。</div><div><br /></div><div><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">日常の中、先、にある非日常と、非日常の中にある、日常。</span></div><div><br /></div><div>これは、ものすごく大きな違いがある。</div><div><span class="Apple-style-span" style="text-decoration: underline;"><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">日常から抜け出して、非日常に酔うのだから、</span></span></div><div><span class="Apple-style-span" style="text-decoration: underline;"><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">非日常の中に、日常を持ち込んでは、非日常が台無しになってしまう。</span></span></div><div><br /></div><div><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">■日常 ⇒ 非日常 の流れ</span></div><div><br /></div><div>つまり、<span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">非日常というものは、それだけ大きな力を持っているのだが、</span></div><div><span class="Apple-style-span" style="font-weight: bold;">非日常を起点として、日常を表現することは、非常に難しいという事なんだろう。</span></div>
                                -----

EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す