好きでたまらない、という人

駄文

好きでたまらない、という人

今日、秋葉原にプライベートPCを買いにいっていたのですが、

ヨドバシカメラで出合ったパナソニックの人に、
ものすごく親切にいろいろと教えて頂いて、良い買い物が出来た☆
そこでの気づきを少々。
今日、いろいろと教えてくれた店員さんは、パナソニックから
来ている人だったけれど、もう、めちゃくちゃ詳しかった。
私がPCでやりたい事を話しながら、
それに対して本当にたくさんの情報をくれた。
ってかさ、なんとなく聞いてはいたけれど、ネットの世界で飯食ってるのに、
ネット上のソフトウェアのスペックが上がりすぎて、受け側であるPCの技術が
おっつかない状況なんだって。そんな事もよく理解せずに仕事してたよ・・・
でも、最近でた、インテルのi7っていうCPUがもっすごく
性能が良いらしくて、これが今年中くらいでブラッシュアップされるから、
今PC買うなら、1年後に買い換えるくらいの性能で十分だって。
ほいでacerのデスクトップPCを紹介してもらったんだけれど、
なんと49,800円☆それでも、私がやりたい事には十分以上な性能らしい。
ついでに21.5インチの液晶も予約しといた。
今使ってるのが17インチでもう5年前くらいに買ったやつだしね。
でも、21.5インチでフルHDで24,000円てのもビックリするくらい安い!
というわけで、お買い物はすごく満足◎でした☆
帰りの電車の中で考えていた事は、
今日買ったPCが2、3万円高くったって、今日接客した人だったら買ってたな。
という事。ってか、定価を聞かされていたとしても、
それ以上出しても良いくらいに満足だった。
仮に、他の店で1万円安かったとしても、私はその人から買っただろう。
これってものすごく重要だと思っていて、
要は、前にも書いたけれど、上は信頼の証、粗利は、期待の証。
という事を実感したんだと思う。
元々私は、ホンダのディーラーで働いていたので、
接客に関しては、ものすごく重要視するからかもしれないけれど。
んで、この、期待の証である、粗利の部分を預けようと思う人には、
共通点があると思ったんですね。それは、、、
その仕事が、今が、楽しくて楽しくて、好きで好きでたまらない人。
好きこそものの上手なれとはよく言ったもので、
好きだからこそ、探究心も沸いてくるし、もっともっとって、
頑張らなくても、頑張ってるもんだ。
尊敬する30代のおっさんさんが最近よく言ってるけれど、
・ウチがデカくなる為には、パートナーの存在がものすごく重要なのよ
それが、個人単位でも、大切なパートナーを、
これからも見つけて生きたいと思った。
それを見つけるきっかけになるのは、
楽しくて楽しくて仕方のない人を見つけることなんだろうな。
さて、買ったPCの初期設定やりますかね☆

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す