先斗町のすきやき「いろは」

グルメ

先斗町のすきやき「いろは」

これがねぇ、、、超ウマイわけです。京都は先斗町にあるすきやき「いろは

?

いろは
寺町三条にある創業100年「三嶋亭」もすげぇうまいのですが、
「いろは」も超うまい!肉はやわらかいし、女将の味付けも最高!たまりまへんわい!
表の看板はこんなの。

いろは

なんだかかっちょえぇぇ!
ほいで、今回は、予約が遅かったので、1階の座敷に案内されたのですが、
これが店の入り口の近くだったので、よく一見さんのいらっしゃる声が聞こえました。
お客:「3人なんですけど、いけますか??」
女将:「すみません、只今満席でして・・・」
お客:「何分くらい待てば良いですか?」
女将:「何分か分かりませんので申し訳ないです・・・」
その姿勢が、すごく素晴らしいし、見習うべきだなぁと。
お客さんを、うまく回転させれば、一見さんを入れる事はできたはず、
でも、その場で最初からお断りする、その姿勢。
部屋をうまく回転させる為には、一回店内を確認しに戻らなければならない。
その間は、一見とはいえ、お客様を待たせてしまう事になる。
さらに、待たせた挙句、席を用意できない可能性もあるわけだ。
それなら、最初から断ったほうが、一見さんの時間も取らないし、心象も損ねない。
ただ、これを逆から考えると、当日でも入れる可能性もあるのです。
店の前からでも、一度「電話」をすればよい。(好きなお店だったら礼儀としてもね)
電話だったら、まだ店側に余裕も持たせる事が出来るし、
もしかしたら30分後には空けることも出来るかもしれない。
店側としては、お客様の大切な時間を取らないように、
心象を悪くしないように、最善の受け答えが徹底する。
逆に、どうしてもその店で食べたい人は、急に寄る事になったとしても、
ちゃんと電話をして確認をする。
どちらも、相手の立場に立って考えるって事が、すごく大切だなぁと思ったのでした。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す