マーケティングの原点は「寺」にあり

熟考

マーケティングの原点は「寺」にあり

最初に書きますが、なんてことはないですw

京都の寺を回りながら、つらつらと思った事。寺ってか宗教か。
寺とか、神社。その、一貫した雰囲気つくりが、もう「」がかっている・・・w
古来より、寺とかは、宗教の信仰心にあわせてつくられている、
かもしれませんが、そんなに簡単に人が押し寄せるわけでもなく。
また、たくさんの寺が建立されるにつれ、
参拝者獲得の為の競争が激化するのは避けられない。
そこで、各寺で、特に有名になっているところは、
何か、そう、「クチコミ」を生み出すようなコンテンツを持っているのだ。
例えば、「イケメン坊主」とか、「桜がきれい」とか、「願いの叶う札」とか、
「縁結び」とか、「経を読む声が超綺麗」とか、「紅葉が綺麗」とかとかとか・・・
何かしら、その「寺」に行きたいと思わせる「理由」がちゃんと用意されている。
さらに、その雰囲気を、寺に関わる全員で、そのビジネスモデルを
長年徹底的に守っている。雰囲気をつくりだし、まもってきている。
いろんな寺を訪れると、本当に勉強になるなぁとしみじみ感じました。
例えば、「鈴虫寺」だと、「一つだけ願いが叶うお札」を販売している。
このお札は、「一つだけお願いをして、お願いが叶うと、お札を返しに訪れる」のだ。
ちゃんと、リピート客に育てる為のビジネスモデルが確立している。
また、「大原三千院」だと、小さな仏像を奉納できるのですが、
その費用はなんと「一万円」。にも関わらず、ざっと数えて1万5千個あった。
つまり、1万5千個×1万円=1.5億円というわけだ。
さらに、お金を払っている人は、必ず満足して支払っている。
その、「満足してお金を払ってくれる人」を、何百年にも渡って、
守り増やしていく為の雰囲気つくりを怠っていない。
他にも、たくさん例はあるのですが、きりがないのでこの辺にします。
各寺のビジネスモデルを集めてみても面白いかもな?。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す