企業の黄色信号

駄文

企業の黄色信号

また、子供じみているというコメントを頂くかもしれないがw
これは、将来の自分へのエントリですと、初めに書いておきます。
企業、組織の規模が拡大するにともない、
起こりうる事態として考えられる黄色信号の一つ。
経営層、もしくはそれに近しい層の、
「あ、うん。の呼吸」で組織が回る事態がまかり通る事が考えられる。
それが、末端まで行き渡るほどの「あ、うん。の呼吸」
であれば素晴らしいが、そうでない場合、急速にギャップが生まれる。
そのギャップが、黄色信号になる。
そのギャップが発生しない為には、中間層の役割も重要になるが、
これだけ情報伝達、相互伝達手段が整っているのだから、
活用しない手は無いだろうと考える。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す