「地球が静止する日」キアヌ観た?☆

映画

「地球が静止する日」キアヌ観た?☆

昨日、「地球が静止する日」を観にいきました?☆

結構面白かった☆ネタバレするのであんまり書けないのですが、
侵略する為に、宇宙人が攻めてきたってわけではなくて、
「地球」を救う為にやってきたっていう視点がおもろかった☆
「地球」を救う為に、人間の体で産まれて、”人は生きるべきか”を確認しにくる。
圧倒的な文明の前に成すすべは無く、人間らしく右往左往する。
同じく、映画を観る前は私も、「侵略する宇宙人と戦う映画」なんだろうなって
思ってたので、固定概念に縛られちゃダメだなって気付けた。
映画の中の教授が「絶滅の危機に瀕して、初めて変われるんじゃないか」
って言ってたのも印象的。
今の経済状況も暗い中だからこそ、変われるチャンスなんじゃないかとかね。
最後は、「文字通り「地球が静止」するのだけれども、
もう少し物語の細かい部分を厚く引っ張っても良かったんじゃないかと思ったけど。。
ってかやっぱ、圧倒的に落ち着いた役どころのキアヌ・リーブスかっこよかったな?

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す