人生、プラスマイナスゼロ。父入院と大型提案を経て

未分類

人生、プラスマイナスゼロ。父入院と大型提案を経て

9月の末くらいから、父が入院してました。3年前くらいから大腸の具合が悪く、油ものや肉が食べれなくなっていたのですが、それが悪くなり、2度目の入院。そして腸を切る手術。ちょうどその頃、大型案件に取組んでいて、心配しながらも、徹夜の日々を過ごしてました。

東京に出てきて、福岡にいる父に気軽に会いにいけなくなったんだという事をしみじみと感じながら、父と電話やメールをしつつ、日々の仕事に取り組み、結構ツライ期間でした。
そんな中、友達の結婚式もあり福岡に戻った時、毎日父の見舞いに顔を出し、病状を聞いたり、とりとめのない話しをしたり。。ちょっと、老けたな。。と寂しい思いもあり。。年をとっても、いつまでも人生を楽しんで欲しい。そう願ってました。
10月下旬頃、そんな父の退院が決まりました。腸を切った事で、これまで我慢してた肉も脂ものも食べられるようになり、体力の衰えはあるものの、大好きなグルメを思う存分楽しめるようになって、すごく喜んでた。京都のうまいものを食べよう!と無邪気な父が戻ってきました。
父の退院が決まった同日。大型提案の、大型受注が決まりました。
精神的にも、肉体的にも、しんどい時期に重なって、いろいろ悩む事もあったけれど、踏ん張っていれば必ず好転するんだなって・・しかも、父の退院も大型受注も、二つのビックニュースが同時に流れた。
人生、プラスマイナスゼロ悪い事もあれば、必ず良い事もある。そう思える感動的な出来事でした。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す