もしも、コンビニが雑誌を置かなくなったら。

日々

もしも、コンビニが雑誌を置かなくなったら。

最近、雑誌の売上が伸び悩んでいるみたいですね。ただ、中には、アパレルショップに置いてもらったり、Webを活用したりといろんな事をして販売部数を伸ばしている雑誌もあるようです。

そんな中、「もしも、コンビニが雑誌を一切に置かなくなったとしたら・・・」。あんまり考えにくいかもしれませんが、でも、「もしも」って考えて見ると、状況が変われば無くはないかも。
その「もしも」に対して、打てる策も考えられる。例えば安易な考えですが、「リアル誌と全く同じ内容のWeb雑誌」を有料で今から用意しておくとかね。例え今すぐには売れないとしても、そういったチャネルは用意しておくべきじゃないでしょうか。
どれだけ手間とコストがかかるかにもよりますが、そんなにかからない仕組みを構築して、考えられる「もしも」に対しての備えはしておきたい
あ、全く話しは変わるけど、「ネット広告」って視点じゃなくて、「企業のWeb活用」っていう視点でみると、まだまだ企業はWebを使いこなせてないと感じる事がほんとに多い。まだまだWebってやれる事がたくさんあるのに手がつけられていないなぁ。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す