[ハンコック]を観た。異端児、か。

映画

[ハンコック]を観た。異端児、か。

▼ハンコック予告編

毎週映画観にいこう!と思い立って3作目、今日はハンコック観て来ました?
ヒーローもんかと思いきや人助けするけど憎まれ役、という設定。確かにな?。すんごい強くて空飛べたり不死身でも、なんで世のため人のために悪と戦わなあかんねーんってのは誰しも思うかもw
その憎まれヒーローがみんなから尊敬されるヒーローへと変身していくっていうストーリーかと思いきやもう一ひねりあった!途中で目を疑う光景がいきなりやってきて、「あんたもかい!」みたいなオドロキが待っていた。
その後はちょっぴり感動する展開で不思議なラブストーリー的要素も含みつつ、1時間半くらいでちょっと短めだったけど結構楽しめた。
ハンコックって要は”異端児”なんだろうけど、その心というか孤独さというか、そういった気持ちはなんだか少し分かる気がする。なんだかな?。。なんだかね。。
映画の最後、エンドロールを観ていていつも思うのですが、映画ってほんとにすごいたくさんの人が関わってるんですね。あんなにたくさんの人が数ヶ月?数年とかかかって作り上げるってほんとにすごいと感じます。
そういえば、YouTubeで↑のハンコック予告編を検索してたら、「ハンコックニュース」なんてものをYouTubeにのっけてた。なんかのプロモーションで使ってたんだろうけど、全然知らなかったってか視聴数も超少なかった。
YouTubeと言えば、映画の中でもYouTubeに上がってたハンコックの映像が流れるシーンがあったけどGoogleとなんかやってたんかな?あんましインパクト無かったけど。
プロモーションといえば、mixi内では大々的にプロモーションやってて、ログイン画面やらいろんなところに露出してたり、公認コミュニティで「ハンコックPRエージェンシー」ってのやってたけど(映画の中でPR会社で働く人が出て来るから?)あれって何がしたいかよーわからんやった。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す