[コミュニケーションをデザインするための本]読了

読書

[コミュニケーションをデザインするための本]読了

さんざん探し回ってようやく見つけた本でしたが、読み進みながら昨年通っていた宣伝会議の「Web&広告プランニング講座」で情熱的に話されていた岸氏の姿、言葉を思い出しながら読みました。あぁここの部分はこんな風に話していたなとか、テンション超高かったなぁとか。

文章からその情熱が伝わってこなかったのが残念でしたが、中身は、講座よりも詳細に書いてあってすごく楽しみながら、勉強になりました。ん?とここで気付いたのが、「昨年の講座がまんま買いてあるじゃーん」って事wむしろこの本の方が詳細に書いてある。
うーん。。。ちなみに、この講座には自腹で行っており、10回で9万8千円也。そのうちの2回が岸氏の講座だったから1万9千6百円分がこの本には詰まっていたというわけですね。ちなみにこの本は1800円。。。ヲイ・・・
それは終わった事なのでまぁいいとして、この本の中に書いてある事例を見ていて思ったのですが、「どれも、クライアントから頂けた予算は少なそう」だけれど、「ものすごく労力と時間などコストがかかってそう」って印象。(本当のところは知る由もありませんが)
岸氏のような最前線でご活躍されている方が、ビジネスとして真摯に「お金」と向き合ってくれたら、有難いなぁと思ったのでした。(企業としての複合的な意味合いは別として、こんなに素晴らしい仕事を安売りはしないで欲しいなと勝手に思った次第っていう余計なお世話w)
そういえば、会社の同僚が「代理店は媒体売ってナンボですよ」って真っ直ぐな目で言い放っているのがずっと印象に残っているのですが、いろんな意味合いがあれど、そう言い切るのはほんとにすがすがしいと感じました。ビジネスなので、お金と真摯に向き合う姿勢って大切だなぁって感じました。
個人的にはいろんな意味で非常に残念でしたが、中身は本当に素晴らしいと思います。

コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)
コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)
—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す