「鳥の巣」の行方

日々

「鳥の巣」の行方

                                    <div style="TEXT-ALIGN: center">

<北京五輪・関連>「鳥の巣」の命名権、内外の6〜7社が名乗り–中国(Record China) – Yahoo!ニュース via kwout

北京オリンピック後の様々な施設の行方ってなんだか気になりますね。特にこの「鳥の巣」は、維持費に年間20億円くらいかかるのだとか・・・

「鳥の巣」の建設に際しては、民間企業が建設し、その後の管理・運営を一定期間行った後、所有権を政府に返還するという「BOT方式」が採用された。これを担当するのが「国家体育場有限責任公司」で、返還までの所有期間は30年。

<

p dir=”ltr”>とりあえず、「鳥の巣」の命名権売却は人気があるみたいだけど、スポーツ施設としてこれだけの年間維持費が払えるのか、、なんて思ったのですが、心配無用でした。。

▼メイン会場「鳥の巣」に大型ショッピングセンター建設へ

「鳥の巣」は、ショッピング、レストラン、コンサートホールなどが一体となった総合スポーツ文化センターとして生まれ変わるという。

なんだかすごいな・・生まれ変わったら1回行ってみたいものですね。

                                -----

EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す