[crossreview]じっくりと考えてみました。

ウェブサービス

[crossreview]じっくりと考えてみました。

smashmedia河野さんが運営されている「crossreview」ですが、私は4つしかレビューを書いていないにも関わらず、ここ1ヶ月くらいで私のレビューからクリックされた回数が今日時点で「19回」もあり、たぶん、ここ経由で1件発注があがっています。

クリック回数が、レビューを書いてしばらくしてからも、クリックが増え続けているような状況でした。それはなんでだろうって、ところどころで、しばらく考え続けていました。ちょっと、ピンボケしているかもしれないですが、書いて見たいと思います。

・わざわざレビューを書きに来るくらい感度高い人が集ってるから。

 シンプルに、レビュー機能にフォーカスしたサイトになってるので、

 書きたくない、書くことが無い人は、当然書かない。

 ⇒いろんなカテゴリの商品別で、感度が高い人ほど新しいものを求める。

・フォロー機能でいろんな商品が広がる。

 ⇒友達が面白いって言ったものは欲しくなるのと同じ。

・文字数を100文字に制限する事で、どのレビューもさらっと読める。

 ⇒あえて制限を設ける事で、サイト全体に統一感が生まれる。

※追記

 あ、逆に、書くときの真理的ハードルが下がるからたくさん書けるとか。

・登録すると河野さんがデフォルトでフォローされていて、

 最初から「お気に入りのレビュー」が見れる中で、河野さんが

 レビューし続けている。

 ⇒crossreviewの向こう側に「だれか人がいる」感があるから入りやすい。

そんな感じで、crossreviewを使うユーザーのモチベーションが構成されているからなのかなぁと思いました。よく見てみると、シンプルなサイト設計の中に、コミュニケーションをするいろんな要素が詰まってるんだなぁと。

まだ、もっと他の要素があるかもしれないですけど、それはもっと使ってみないと分からないのかもしれないですね。勝手にいろいろと書いて見ました。

あ、そういえば、「クリックされた回数」って何がクリックされた回数なんだろう??

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す