立ち止まる時を待つ、そしてゆっくりでも踏みしめて歩きだしたい。

未分類

立ち止まる時を待つ、そしてゆっくりでも踏みしめて歩きだしたい。

昨日、月間マガジンでBECKを読んだ。超、超、感動した!ってかあと2回で終わりなんて悲しすぎる!いままでのストーリーの裏側が出てて、それぞれの登場人物のコユキに対する気持ちが描かれてた。

千葉:「ずっと突っ走ってきたおれを立ち止まらせたのはコユキだった。そして歩き出したのもコユキがいたからだ」

サク:「おれのドラムじゃコユキの曲を盛り上げられない・・・」その後大阪修行へ。。

なんだかめちゃくちゃ感動して、コンビにで立ち読みしてたけどマジ泣きしそうになった。。。

勝手に自分と照らし合わせて考えると、これまでずっと仕事に対して突っ走ってきた。きっと、これからも突っ走っていくと思う。それでよくも悪くも、周りにいろんな影響を受けたり、与えたりするんだと思う。

でも、きっと心の奥底では、立ち止まらせてくれる人を探しているのかもしれない。そして、一緒にゆっくりと踏みしめて歩く人を探しているのかもしれない。なんて思った。(影響されすぎ?w)

私はある一面、すごいコンプレックスの塊で、餓えていて、常にサクの大阪修行へ行く前のような心境にある。もっと、もっと、もっと、まだまだ、まだまだ・・・こんなんじゃ足りない、まだ出来てない。もっと、もっと。って。

常にキャパオーバーな仕事を抱えていないと不安なのかもしれない。キャパを大きく超える分、夜も遅くなり、休日も無くなる。それを全部使い切ると、今度は、仕事の大胆な効率化が必要となり、集中力、判断力を上げるしかこなせなくなる。

そんな状況をいつも自分の身の回りに置いて、自分に対してプレッシャーを課す。あぁ!なんてMなんだっww

でも、いつか、きっとゆっくり歩く時が来て、ゆっくりでも確実な一歩を踏みしめる日が来るはず。その日までは・・・

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す