データからではなく仮説から

未分類

データからではなく仮説から

よく、提案書を作成するにあたって、市場調査だか顧客属性だかなんだかのデータを最初に探して、それから読み取れる直接的な結果を元に仮説を立てたりするけれど、それは間違いだと思う。

目的に達する為の仮説を元に、それに必要なデータを集める、というのが本当の順番。データから入っては違う方向に進んでしまう。もちろん、仮説にたどり着く為に、膨大な資料とかデータは目にするかもしれませんが。

しかし、Web広告の場合、“実績”データから読み解ける事は多い。実績データがある場合は、その分析は必須になるでしょう。もちろん、データをデータとしてそのまま読むのではなくて、そのデータにどんな意味がるのか、背景も含んだ上で読み解きたい。その数値にはどんな価値が見出せるのかを考えたい。

なんだかデータデータと書いてて変な感じになってしまいましたが、Web広告に関わるのであれば、Webの特性を理解した上で、様々な数値を紐解くスキルは必要最低限だと思いました。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す