中国富裕層マネーを取込め!日本が観光業で飯を食う。

未分類

中国富裕層マネーを取込め!日本が観光業で飯を食う。

私が福岡にいたから余計にそう思うのかは分かりませんが、福岡にはたくさんの中国人や韓国人が観光に来ます。その目的の大半がお買い物。福岡にある複合商業施設「キャナルシティ博多」に行くと、平日でも多くの外国人を見かけます。

今後、中国経済がどんどん成長していくのは言うまでも無いかもしれませんが、増えるマネーを近場の日本が取込むチャンスかもしれない。と、改めて書いてみようと思ったのは、テレビの特集を今見てるからですw

ヨーロッパでは、歴史的遺産を活用した観光業で今でもご飯を食べている人って多いとを聞いた事がありますが、今後の日本でも、観光の市場性ってこれから、このままで行けば伸びると思います。

日本ならではの、信頼性、安全性というブランド背景を元に、もっと緻密にあらゆる製品の管理をしていけば、中国経済の成長と共に、中国人が日本にもっと買い物に来るのではないでしょうか。

こだわった品揃えが大前提ですが、日本以上に格差の広がっている中国で買い物をするよりも、日本の方が安全だっていうブランディングをしていけば、市場はもっと伸びる。特に、ブランド物とか、家電製品はそうかもしれませんね。

イタリア、と言えばファッションとか、高級ブランド、みたいに、○○と言えば日本。と認知されれば、中国の近場である、気軽に来る事が出来る日本に人が集まるかもしれない。

さらに、福岡でネット広告の営業をしていた時、ずっといろんなクライアントに提案はしていたものの、決まらなかった、中国向けの通販も、今、取り組み始めるチャンスかもしれませんね。

インターネットという特性上、ちょっと視点を変えれば、(Googleとかで)海外向けの広告がすぐに出せたりする。その国の文化や言語は学ばないといけない(ここが難しい!)でしょうけど、エリアターゲティングの考え方を海外に目を向ければいい。

代理店としては、中国に現地法人を作る意味として、中国での広告市場に切り込みたいという思惑もあるかもしれませんが、逆に、日本企業のターゲット市場として中国をみた方が成功するかもしれない。

ちょうど、なんだか今がチャンスな気がする。。。と、書いてて改めて思ったので、ビジネスプランを書いてみる。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す