膨大なフィードから読み解くもの

未分類

膨大なフィードから読み解くもの

私は、今、だいたい一日で2000?3000くらいの記事に目を通しています。といっても、RSSリーダーでさらっと見るくらいですが。

これが、多いのか少ないのか、質が良いとか悪いとかっていうのはよく分かりませんが、これくらいの“オープンになっているように見える”情報量に毎日触れていると見えてくるものもあります。他にも情報を得る手段(テレビとか雑誌とか)があるのは別として。

まず、仕事に関係する事にほぼ絞っていますので、ネット関連の業界の話題は、浅く広くキャッチしている、つもりです。。いろんな記事を読み始めて早1年以上経ちました。すると、具体的にどうだって事はありませんが、感じるのですw

ずっと流れを追っていくと、感じるものがあり、単純には、これはすごいとか、こうすればいけるんじゃないかとか、感じる力が少しはついたなぁと思います。かつ、ブログを書いていて、フィードバックを頂く事で、さらに感じる。。。

一番得がたい、感性が磨かれているような気がします。それが、いろんなものと交わって、さらに磨かれる。。閉鎖的じゃなくて、開放的な感じです。

そういえば、「ライフハックのつくりかた」という本に、「自分が作ったハックを、汎用化できるものにして、どんどん共有する。自分を常に空っぽにする事で、もっと次のハックを見つけれるようになる」みたいな事が書いてあったのですが、ほんと、その通りだと思います。誰かに共有された時点で、その情報は劣化を始める。自分の中で飲み込んで、共有する事で、次の段階に進んでく。これの積み重ねが大事なような気がしています。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す