結論に結び付けるandとorの考え方

未分類

結論に結び付けるandとorの考え方

お昼ご飯食べてます。そんなひと時に、最近よく思う事をエントリ。

「結論」があって、それが、パッと見無理そうだ、難しそうだ、大変そうだと思う事ってよくあるかもしれませんが、実は、細かく分割すると出来る事ってたくさんあるように思います。

そんな時に頭の中でイメージする事が、「andとor」これと、これ。あれ、もしくは、あれ。を繰り返していくと、結論に辿り着く方法が、必ずあるはず。

さらに、結論に辿り着いた結果、非現実的であれば、それが結果として今は不可能だってだけで、時代背景や、環境なんかが変わると、実現できる可能性がある。すると、どうなったら、いつになったら実現可能かを想定し、そのタイミングで思いだせるようにアーカイブする。

その積み重ねがノウハウだったりすると思います。私はすぐに忘れちゃう人なので、アーカイブの仕方は、たぶん自分流でカスタマイズしてます。逆に、必要なタイミングで思い出せる仕組みを作る事を心掛け、一旦、さっぱりと頭の中から消します。考え方がそうなっているので、具体的な事ってあまりたいしたことないですが。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]om

コメントを残す