Yahoo!プライムディスプレイに対する所感

広告

Yahoo!プライムディスプレイに対する所感

Yahoo!の目玉商品「プライムディスプレイ」(最近Y!旅上選とかやたらデカくてキレイなバナーが出てるやつ)に対して、確かに否定的な見方もあると思いますが、ここで、あえて、肯定的に考えてみました。

プライムディスプレイになって、たぶん一番重要なことは、表現の範囲が広がりましたよー。って事だと思うのですね。

別に、ブランディング志向とか、CPC志向とか、そんな話しはきっとどっちでもよくて、面積がデカくなって、大容量になったので、アイデアを投入できる範囲が広がりましたって事が大事な気がする。

あとは、実施時のゴールを明確にイメージ出来ていれば、結果に対しての改善提案が出来るはず。

当たり前だと思うのですが、他社の実績はどうでもよくて、むしろ、チャレンジャーになっていれば、クライアントからも「あそこに頼めばなんかいいアイデア出そう」ってお声がかかるようになり、大きな取引への突破口が開けるんです。(プロフェーロだって、AKQAだってそっから大きくなってた気がする)

失敗も、チャレンジの結果、質の高い失敗であれば、クライアントもわかってくれるはず。私は福岡で営業してた時、そんな経験をしました。なんか、ありきたりですが、“失敗を恐れるな”って事でしょうね。

そこで、現場では、メディアプランな人々とクリエイティブな人々との連携がますます重要になるはずですよね。もちろん、この連携は、SEMな人々ともすべきだと思うし、テクノロジーな人々ともした方がいいと思います。

やっぱり、せっかく新しいプラットフォームがいろいろ出てきているのだから、チャレンジしようぜっ★って事でしょうか。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す