[WEB&広告プランニング講座1]クライアントが望む理想的なクロスメディアプランニング

勉強 広告

[WEB&広告プランニング講座1]クライアントが望む理想的なクロスメディアプランニング

今日は、Web&広告プランニング講座の初日でした。今日のお題目は↓な感じでした。

クライアントが望む理想的なクロスメディアプランニング

≫「測れないものはコントロールできない」

Web広告研究会 副代表幹事&調査委員長:Honda宣伝販促部 渡辺氏

結構、大胆?な話しもあったし、具体的な数字も結構出ていたので、なかなかブログに書けそうな事が少ないのが残念ですが、ちょっと振り返りながら書いてみたいと思います。

と、その前に。。たぶん、今日の講座の内容は、まぁいろんな背景を踏まえた上で、フィルタリングして考えないと、ちょっとずれちゃうのかなぁと思いました。(→行かれた方いらっしゃいますか?どうですか?)

今日の講座のポイントを少しだけ箇条書きでまとめると、

・強力な自社サイトはマスメディアとなる。

 ⇒メディアは「買う」から「生成する」時代に。

・企業とユーザーを結ぶものは全てメディアである。

 ⇒SPもPRも宣伝もネットなども関係なく。

・マルチコンタクトポイントの完全制覇に向けて、

 企業のホームページはコンタクトポイントの「ハブ」となる。

・マスメディアの効果を企業サイトで測る。

・8秒で情報を取得出来るページ作り。

・“or”よりもむしろ“and”という考え方を持つ。

・ビジターはサイトへ「たまたまた」訪れる事はない。何らかの意図や目的を持ってアクセスする。

 ⇒Webサイトはビジターを囲い込む場ではない。そもそも囲いなどなく、「自らの意思」でそこに留まる。

ってな感じになります。ってか、ほとんどが、具体的な数字をもとに話しをされていたので、ブログに書くとさすがにまずい感じです。(紙の資料もあんましもらえなかったし・・)内容としてはなかなか面白い感じもあり、楽しかったです。

あそこまで具体的な数字を示してくれるとありがたい。というか、その、データの分析結果を並べているだけでも、聞いてると結構楽しかった。たぶん、今日出ていたデータは、まだ浅い部分なのでしょうけど、さすがよく細かいところまで分析されているなぁと思いました。

ネットで何かやろっか。と考える前に、一度自社でもってるログ解析とかのデータを洗い出して、いろんな方法で(市場データとかマスのとかも含めて)分析してみたら、意外な発見があるかもしれないですね。と思いました。(まぁ、ホンダみたいにはいかないでしょうけど。。)

と、そんなこんなで、一回分、9800円。まずまず満足でした。次回は、来週の水曜日になりますが、電通IC局岸氏の講座です。楽しみです★

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す