やはり、ネット上の広告“枠”を押さえるのは不毛と理解すべき

広告

やはり、ネット上の広告“枠”を押さえるのは不毛と理解すべき

今、メディア部にいて、やっぱりつくづく思う事は、ネット上の媒体だったり、広告枠を押さえるのは、意味が無いと理解すべき。数限り無くある媒体を、そもそも全部リアルタイムに最新情報を押さえて、詳細に把握する事は意味が無い。常に変わり続けるものだから。

そんな中で、人気の媒体の枠を買いきったり、新しく代理店オリジナルの企画を立ち上げたりするのは、長期的にはあんまし意味が無いということも理解すべき。そして、一度、GoogleAdWordsのアドマーケットプレイスに、すぐにでも触れるべきだと思う。個人でも広告配信できるのだし。

そして、概要をつかんだら、一発で固定概念が吹っ飛ぶから。そこから始めましょう。もっと、奥深いものを、より簡易的に。効果的な戦略を、より効率的に、楽に構築出来る仕組みつくり。すぐに出来るはず。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す