“認知度が上がる”という事を説得する為の乱暴な考え方 ?ネット編?

未分類

“認知度が上がる”という事を説得する為の乱暴な考え方 ?ネット編?

表題の件、私はネットに携わる人間なので、前提として、ネットを活用するという、いわば“縛り”のようなものがあるのだけど、本来、偽善的に考えるのであれば、クライアントのビジネスを考えた上で“認知度を上げる”為に、ネットが最良であれば提案すべきだし、最良でなければ、素直に引くべき。

んで、でもそんな事を言ってたらご飯が食べれないのでwいろいろと材料を揃えるのだけど、逆説的に乱暴に考えると、“答えは、ネットを活用する”ってなわけなので、その答えからさかのぼって提案の骨子を固めればいい。それに必要な情報を集めればいい。

つまりは、“クライアントのビジネス”と、“ネットの活用”という二つの点が結びつけばいいのです。(あとは、今回の趣旨とか、いろいろとあるとは思いますが)大きく言えば、“ネットの価値を創造する”って事になるでしょうね。まだまだ未完成で、かつ、決まったやり方なんて無いのだから、いくらでも、まだ、やりようがあると思っています。だから、楽しい。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す