行動ターゲ?→シチュエーション・マーケティング

広告

行動ターゲ?→シチュエーション・マーケティング

はい。勝手に名づけましたwシチュエーション・マーケティング。これは、たまたまメディアプランを考えていて思った事なのです。

とある、キッズ向けのエンタメ(ちょっとぼかして書きます)の告知だったのですが、いろんな媒体を見つつ、とある行動ターゲティングの資料を見ていた時、キッズ向けの行動ターゲがありました。今キッズ向けエンタメに興味がある人は近い将来も興味がある可能性が高いと思われる。その人に対してキッズ向けのエンタメの情報を流す事は、その人に対しても有益な情報である可能性が高い。という仮説の元、メディアプランに入れてみた。

つまり、その人(達)に対しての“シチュエーション”を踏まえた上で、広告という名の情報をデリバリーする。属性によるものでも、メディアのよるものでもなく、商材に対して、ユーザーの趣味趣向・興味に対してのコミュニケーション。

なんて、当たり前の事かも知れ無い事を、大分大げさに書いてみましたwこの言い回し、Googleのコンテンツマッチの考え方のパクリですねwシチュエーション・マーケティング。って言葉あるのかな?w言ったもの勝ちの一番乗りになれたかな?w

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す