[1/52]最近の雑感を書きなぐる

日々

[1/52]最近の雑感を書きなぐる

目標立て、不断の努力、達成。その繰り返しだ。

テーマ性の発掘、仕組化、日々の楽なルーチンに落とし込む。略して「楽チン」。仕事も、ビジネスも一緒。

「自らの歩いた道 いつまでも忘れぬように 正しい答えなんてないから 自らの炎で Light Up みんながみんな火を燃やすから 時に意見はまとまらないさ でもそれでもぶつかるぐらいが ゆくべき場所が見えてこないか? 誰もが理想掲げる Fighter 泣いたあと歩み止めないで」lecca / My measure

「見本のいない私にとって ゆずれない現場は他でもないここで こっから世界を変える、なんて大それた夢を胸に抱いているの 私が走ることで もしかしてどこかの誰かがまた 笑ってくれるなら、ね いつもよりか うれしくて」lecca / My measure

おれはもはや、変態の領域まで行けてる気がする。

「分かるのは途切れない自分の気持ち まだまだやれるんだ、ってもがいているの もっともっとゆけるだけ」lecca / My measure

「我々の間にチームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。あるとすればスタンドプレーから生じるチームワークだけだ。」(荒巻課長)

それでも前を向いてあるく。自分の子供に自信を持って話せる人生を送る。空気読めないとかじゃなくて、自分のものさしで選んで歩く。

新しい10年の幕開けには、いくつかの「元年」があって、それぞれのプレーヤーがそれぞれの「元年」に向けて情熱の炎を燃やしている。その炎は本当に美しい。

チャレンジせぬ者に明日無し。チャレンジ出来るまでには、不断の努力あり。不断の努力無くしてチャレンジ無し。

他者に頼り切るほど危ない事はない。他者に頼れる事ほど強いものはない。他者に頼れるというのは、重みがある言葉である。その上での、「繋がりこそが、ボクらの武器」

やっぱ、おれは「自分と会話」する為にTwitterを使っている事が多いな。前にも書いた気がするけど。

年初の一週間は、自分たちの‘位置付け’がよく分かる、面白い一週間だった。

高校野球とプロ野球。高校サッカーとJリーグ。この対には大きな違いがある。この対を一直線上に並べる事が出来たら、そらすごい事になる。

from Twitter yuatetsu



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す