鵜飼に行ってきた

旅行

鵜飼に行ってきた

※なんか、昨日モバイルからアップしたはずがされてなかったので再送。

いろいろ聞いた事、忘れないうちに。綺麗な写真とか動画とかはあらためて。

鵜飼の首につけられたひもは、小魚は通る。

魚が取れたら鵜が首をふるので、胴体につけたひもで引き上げる。

鵜は鮎だけを取るのではなくて、目についたのなんでも取る。

鵜は水中に潜ると、水中眼鏡がピッとおりる。綺麗な色らしい。

船頭さんは、朝から働いてるけど、鵜は夜の二時間だけでプール付きの家に三食付きwww

船の裏で、しれっとさぼってる鵜もいるw人間と一緒。だって言ってたw

嵐山の保津川にある川の落差を利用して、水力発電し、渡月橋の明かりに利用してる。余ったら関電に売る。計画だったが、そんなうまくはいきまへんわ。だってw

昔は食べる為に鵜飼してた。今は、見せる為に鵜飼してる。ん?それも食べる為か。

やー。すごかったー。綺麗やった。楽しかった!

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す