クライアントあっての仕事

駄文

クライアントあっての仕事

引継ぎの指示が無いので、自分から引継ぎの為の資料を作ったのに、何の音沙汰も無いので、どうしたもんかと思いつつ、クライアントと向き合いつつ、営業中の案件を先輩に同行して頂きつつ、東京へ行く事を伝える事が出来ないまま、なんだか進んでいる変な今日この頃です。

まぁ、そんな状況は置いておいて、特に営業中の案件に関して、「あー。こうしたらいい」とか、「こんな話ししたらいいのに・・」と思う事が多々あって、でも、ぐっと堪えてクチをつぐんでいてすごく実感したのですが、やっぱりクライアントあっての仕事ですね。

だー。この一ヶ月、感覚が鈍らないか心配になってきました。。。

あ、感覚と言えば、東京に行ったらまずは東京の土地柄というか、肌感覚を身につけないといけないと思っています。福岡は、特に?というか地方はどこもそうかもしれませんが、かなり泥臭い一面をもった土地柄です。東京はすごくドライだと聞きます。その辺りを、早い段階で自分の感覚にしないといけないですね。

この一ヶ月でする事をもう一度考えようと思いました。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す