ロジカルな精神論

未分類

ロジカルな精神論

やれば出来る。努力。頑張る。気合い。っていろんな言葉があると思うのですが、

ただ精神論を言えばいいというものでは無いと思います。

「夢があります。それは、病に倒れる人々を一人でも多く救う事です。だから、今死ぬほど勉強しています。」

今ものすごく努力をしている事があったとして、でもそれは、目的があるから努力する、努力出来るもの。

道しるべとなるものが無ければ、それはただ苦痛でしか無くなる。

さらに、ロジカルな努力。

頑張り方にもいろいろあって、それによってはモチベーションも大きく変わるし、実感値や、スピードも変わる。

シチュエーションによっても常に変化し続ける、ロジカルな努力論。

努力するという事を考えると、そんな事はむしろ最低限当たり前で、

それよりも、どうやったら目的地に辿りつけるのか、その努力のやり方や、努力の質を常に問い続ける。

それが、忘れ去られようとしているかもしれない精神論に対する、ロジカルな精神論なのかな。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す