己を知る

未分類

己を知る

東京への転職活動を通じて、いろんな自己分析が出来たので良かったです。

結局6社面接して頂いて(本当は7社だったけどタイミングが合わなかった)

全社一次面接通過のご連絡を頂いて、その時点で3社辞退させて頂いて、

最後まで受けさせて頂いて、ご内定頂いたのが3社。

ネット業界ってやっぱ人手不足なのかな。。

でも、面接を受ける度にいろんな発見があって結構面白かった。

超過密スケジュールで、飛行機乗りまくってしんどかったけど。

一番大きな自分発見は、自分は、実は二人いて、

メインの自分と、サブの自分がいる。って事かな。

メインの自分は、つまりほぼ仕事をしている時の自分。

こやつは、とことんまでやりまくるし、自信家な所がある。

んで、サブの自分は、ごく稀に表に出てくる。

こいつは、超プライベートモード?な自分。

恥ずかしがり屋さんで、超謙虚で、良い意味でビビリ。

何か突発的な理由でサブの自分が出てきたらそら大変。面接中に出てきて焦ったw

そのスイッチとなる原因も大体分かったので、今後の課題はそこを磨く事。

そういった意味も含めた「ピーターズカフェ」構想。

ちなみに、ピーターズカフェとは、“大西洋のど真ん中に浮かぶアゾーレス諸島のひとつ、ファイアル島の港町オルタの丘の中腹にある「ピーターズ・カフェ」”からパクりました。もちろん行った事は無いw

詳しくは、メディチ・インパクト (Harvard business school press)をご参照下さい。

営業は俳優である。のはよく分かるし、そのつもりでやってきました。

もちろん、どんな仕事だって営業力とか必要になると思いますが、

それは別として、極端な話し、恥ずかしがり屋さんなサブの自分がいる限り、

そうでない営業の人と比べた時に、極限状態において差が出るのは間違いない。

今の私レベルであれば問題は無いのですが。

そんなこんなで、何か考えれる人になりたいのです。

なので、今は営業ですが、次は営業から一歩考える人よりな立場で頑張ろうと思います。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す