アドバタフライの掲載事例に掲載されました!

広告

アドバタフライの掲載事例に掲載されました!

ちょっと違った目的で作ってたブログ「Treview」に貼り付けてた「アドバタフライ」の広告掲載事例として掲載されました!

↑見えますか?大分小さくなってしまいました。。

アドバタフライの枠をブログに貼り付けていて、アクセス数がかなり少ない事もあり、広告掲載依頼がなくても、とりあえず貼りつけといてみようかな?。みたいな感じで始めたのですが、掲載事例で紹介して頂いたり、テスト配信とはいえ、3社から広告掲載依頼があって、お金がもらえるというよりも、見つけてもらえた事がなんだか嬉しくなりました。(もちろん、まだ参加ブログが少ないからだとは思いますが)

ブログを始めて、なんだか分からないけど続けていて、いつの日にかコメントがついて嬉しい!みたいな感覚に似てると思いました。

他に、これは、まだまだ明確にこうだろうという考えがまとまっているわけではないのですが、ブログ記事投稿型(ペイ・パー・ポスト)に関しては、あらかた登録が完了してるのですが、一度も利用した事はありません。先日も、サイバーバズに登録してみたのですが、なんだか違う・・という違和感だけがありました。ですので、すぐにバナーを外したのですが。。。

普段、自分の為にブログを書いていて、それを読んで頂いた反響が嬉しくて続けていたりして、アフィリエイトだって、アドセンスだって貼ってあるけど、それのクリックがあったという反響は嬉しいけど、感情的に、それは目的にはなっていない。たぶん、本気でアフィリエイターになるなら、やり方だっていろいろと知ってはいるし、儲かるような?別のサイトを立ち上げると思う。

ブロガーに収益が入るような広告というくくりの中で、サイバーバズのようなサービスと、アドセンスやアドバタフライのようなサービスの違いに関する私の個人的な感情・感想としては、読者と相対した時、広告に対して自分が、「受動的」か「能動的」であるかの違いだと思う。特にこのブログでは目的が違うので、サイバーバズのようなサービスに私は「能動的」にはならないでしょう。

偽善かもしれませんし、当たり前の事かもしれませんが、自分の立ち位置が、どっちっぽいか、私は、その中間を選びます。っていうだけの話しかもしれませんが。(宜しければどうぞ。みたいなゆるい感じがいい

ただ、ブログの記事に書くタイプも、自分からサイバーバズのような仕組みに登録して企業と関わるような形ではなく、ブログを続けてたら企業がブログを見つけてくれて、企業から直接、例えば記者会見やサンプル試して見てくださいっていう話しがあったとしたら、それはすごく嬉しいと思う。個人的には、シチュエーションの違いかなと思います。

むしろ、今後、企業か直接語りかけてみて、一緒に何かをやってくみたいな、それが当たり前の世の中になったらいいなと思います。そんな、最近のつらつらです。(ちょっとかっこつけて書きすぎましたが、私だってもちろんお金がもらえるのは嬉しいですよ。それとこれとを分けて書いてみました)

※これは、現時点での私の個人的な“感情”のお話しです。批判する気持ちはございませんので、宜しくお願い致します。&もっとじっくり考えてみたいと思います。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す