Googleをネタに今後のマーケティングコミュニケーションを考えました

未分類

Googleをネタに今後のマーケティングコミュニケーションを考えました

今、すごく悩んでいる瞬間に、あえてこの話題に触れたいと思います。

例えば、300万円の予算でバナーを打つ。ならば、Googleをいじり倒した方が、今は、得られる経験値が良さそう。

という話しから、です。その話しから、トラディショナルな広告会社と、いわゆるネット専業広告代理店の今後についてまで話しを広げてみたいと思います。

—余談—

ポータルサイトだから、SNSだから、リーチが、滞在時間がなど、いろんな特徴?や効果測定や分析があると思うのですが、今、いろんなところで話題?になっているようないろんな指標を議論をする上で、時代背景などなどを含む“シチュエーション”の違いが抜け落ちている(場合もあって)のがすごく残念に思います。

例えば、「大衆は固化し」とか、「ネットの出現により、人々は自由に情報を得る手段を得たので」とか、「いや、人々は、得られる情報量に窒息して」といった話しも、シチュエーションの違いにより、その結果は変わってくると思います。詳しくは、「売れないのは誰のせい?」を読むと分かりやすいと思います。

上記を踏まえると、「テールのネットワークは“リーチ”にはならない」といった話しが、「テールのネットワークは、“シチュエーション”を踏まえるとより強固な“リーチ”となり得る」(って当たり前っぽい話しになってしまいましたが・・)

—余談—

もちろん単なる前置きです。そこまで書き進んだ所で、Googleについて触れたいと思います。

まず、Googleで打てる広告について一度整理したいと思います。

広告のフォーマット

・テキスト

・イメージ

・動画

・(ガジェット)

広告の出し方

・検索連動型

・コンテンツマッチ

・サイトターゲット

広告の課金方法

・クリック課金(サーチ&コンテンツマッチ)

・インプレッション課金(サイトターゲット)

・(成果報酬型)

広告掲載場所

・Googleや他の提携ポータルサイトでの検索結果画面

・Adsenseでのネットワーク、というか、枠?

・他、GoogleMAPなど

主なところでは、上記のようなものが挙げられると思います。

このGoogleで打てる広告を考えた時、無限大の組合せや様々な“シチュエーション”で広告が打てる事に気付きます。同じ広告枠?一つを取ってみても、広告の原稿がテキストなのかイメージなのかで大分違うと思いますし、クリック課金なのかインプレッション課金なのかでも大きく変わってくると思います。また、同じ“検索”という行為でも、ポータルサイトの検索窓で検索する時と、ブログに貼ってあるようなAdSenceの検索窓でWEBを検索する時とでは違ってくると思います。かつ、入札制なので常に変動している。また、時間が流れているので超流動的。

どの媒体に?(もしくはどのキーワードで?)

どんな方法で?

どんな課金方式で?

どんな人たちに?

どんなクリエイティブで?

ってか、どうしたら良いですか?

etc…

(想定する→問いかける→仮説立てる→問いかける)

時代背景として、大衆が個化していて、それぞれに合った広告コミュニケーションを考えるのが大事と考えるのであれば、Googleほど最適な場所?は今の所無いのかもしれません。しかし、細かな点まで突き詰めている企業は少ない。(と、思う)というよりも、代理店が、提案出来るまで理解していないという現実もあると思う。

だからこそ、今、先駆けると良い経験が積めて、その活用ノウハウ(サイトターゲットのサイトパックしかり)を貯めて、より大きな提案に結びつける事が出来る。これを突き詰めていくと、必然的に、ものすごく深い所まで突っ込まないといけないので、Google以外のまったく違った提案に結びつける事も可能だと思う。(と言うより、自然と産まれた)

ここまで考えると、Googleとは、「マーケッター視点を持ったテクノロジー企業」という事が分かるかと思います。ここまで様々なカタチに対応したテクノロジーを次々と生み出しつつ、かつ、安定的に配信し続ける為には、それだけの優秀なエンジニアの存在が不可欠。

仮に、Googleと似たような事をやろうとしても、それをやり遂げる人材と時間とお金が無い(かつそうしている間もGoogleは進化し続けるので)ので、難しいでしょう。(オープンソースという手段が無いことは無いかと思いますがそれは別として。←これもまたシチュエーションの問題で、“今は”可能性が低いと思う。)というか、自ら作る必要も無くて、活用すればいいと思う。

しかし、ここまで書いておいてなんですが、何もGoogleを賛美したいのではなくて、Googleをネタにする事で、今後、マーケティングコミュニケーションを考える上での良い教材となるのではないか?と思っているのです。

それを踏まえて、今、確実に変わってきているユーザー心理、かつ、テクノロジーの進化により変化の途中(というか、そもそも昔から変化は常に在り、これからも在り続けるもの)である広告業界について考えてみたいと思います。

今は、広告会社の中で、トラディショナルな広告会社と、ネット専業広告代理店という存在に分かれて?いますが、どちらの立場にとっても、今後は、今の所の双方が得意とする領域に、双方供、食い込んでいく、行こうとしている。

今は、伸びてきているとはいえ、まだまだ全体からすると市場規模の小さなネット広告市場に、トラディショナルな広告会社がやはりまだまだ本腰を入れてはいないので、ネット専業代理店がネット広告に関しての市場を取ってはいますが、どのネット専業代理店も命題として、「ネット以外の部分も取っていく」と掲げているようです。

今後、ネット広告市場が伸びるに従って、トラディショナルな広告会社が本当に本腰を入れてくると、企画力・クリエイティブ力などでは、現状ではネット専業広告代理店に勝ち目は無いと思います。それは、長年のノウハウしかり、それだけの人材が既にいるという事もしかり、だと思います。企画書をひとつとっても、全く違うと思います。

ネット専業広告代理店は、同じ土俵で戦っても勝ち目は無さそう、というか、むしろ戦う必要は無くて、まったく違った次元を創り出す必要があると思う。それは、今までの経験値が重要になってくるのでしょう。特に、感覚が重要だと思います。

しかし、当然、どんな会社でも新たなモノを模索していくので、そこを一歩踏み出す為には並大抵では難しいと思う。また、それぞれの企業のスタンスによって、違ってくると思う。

と、この当りで今日のところは・・また、しっかりと考えたいと思います。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す