サイバー「戦争」

未分類

サイバー「戦争」

“サイバー戦争”に耐えたエストニア、国家の関与を否定するロシアより

エストニアに対する攻撃は、かつてないほど進化したものであると同時に大規模なものであった。攻撃にはボットネットと呼ばれる「ハイジャックされたコンピュータ群」が利用された。これらのコンピュータが政府や銀行などのサイトに対して、DDoS攻撃をかけたと見られている。個人や犯罪組織の能力をはるかに超えた規模の攻撃であり、国あるいは大通信企業の協力なしには不可能だという。

インターネットというオープンな世界で、常にあり続けるのが「セキュリティ」という問題ですね。もはや、映画の中だけの世界ではなくなってきているのでしょうね。真剣に考えていかないといけない問題だと思いました。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す