本を読むという事

読書

本を読むという事

つまりは、例えばの話しをパターン化し、ストックする事。でもあるのかなぁと感じた。

パターンが増える事により、選択の幅が広がる。また、それを自分なりに飲み込んで、違うものとして吐き出す。

あ、本を読むこと、というよりは、生きるということ自体、それの繰り返しなのかなぁ。それを、「知識」や「経験」と言ったりするのだろうか。

結果、人は、何かを参考にし、決断を下す。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す