[mixi]「無料で出来る“プチ”ネットプロモーション実験」結果報告

広告

[mixi]「無料で出来る“プチ”ネットプロモーション実験」結果報告

すみません。すっかり忘れていました・・・

以前(半年くらい前に・・)、私が住んでいる家の近くの行き着けのお好み焼き屋さんで、「超!地域密着リアル店舗誘導実験 in mixi」をしていたのですが、結果報告を忘れておりましたので、いまさらながらご報告です。

実験したのは、福岡は大橋にある、鉄板焼・お好み焼きのお店です。

■“プチ”プロモーション手段

・mixi地域コミュニティ

・mixiお店のコミュニティ

・じゅげむブログ

■“プチ”プロモーション手法

?友人と共にmixiの地域コミュニティにトピックスを立てて会話を始める。

?会話に参加しつつ、お店のコミュニティを作る。

?公式ブログを作る。

?あとは、繰り返し会話する。

■簡単な、プロモーション結果

・お店で直接話を聞いてみて、mixiを見てきた人を探した結果、14名程いました。(どれだけいりびたりやねん・・という話は置いといてw)

本当は、店員さんも絡めて、いろんな事やりたいなぁと思ってました。もろもろの都合で実現せず・・です。

■思った事

・地域コミュニティ内のトピックスならば、皆積極的に発言して頂く事が出来ましたが、お店のコミュニティでは、ほとんど発言は見られませんでした。つまり、「会話をする場所と対象」が重要になってくるんではなかろうかと感じました。

 他にも、私が担当させて頂いておりますクライアントで、某ショッピングモールがあるのですが、そこでも同じ結果が得られました。

 地域コミュニティ内にて、お好み焼き屋に関しての話であれば、いろんな話が出てくるのですが、お好み焼き屋のコミュニティ内では、当然話は絞られるので話しづらくなる。というところかなぁと思います。

・また、飲食店だったので、“気軽に”行きやすいし、誰だって、おいしいお店を探してる、知りたいと思っているという点があったと思います。

と、言う事は、コミュニティを形成するにあたっては、テーマ選定が非常に重要になってきて、また、絶えず、会話する事が重要だというところでしょうか。

って、言うまでもないお話でしたね。。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す