安住の地か、戦場か。点か、3Dか。思考回路の断片エントリ

未分類

安住の地か、戦場か。点か、3Dか。思考回路の断片エントリ

現状に安住したいのであれば、物事を点で捉えればいいと思う。

戦場では、常に物事を複合的に捉える必要がある。

私は、学歴がない事が関係しているかはわかりませんが、昔から物事を「感覚で理解」する癖がついてました。それには善し悪しがあるとは思いますが、これのお陰でかなり助けられてます。

ある先輩から言われた事があります。約一年前、今のネットの広告屋という仕事を始めた時、私は感覚だけで仕事をしてきました。しかし、この一年間、死に物狂いで勉強して(今までしてなかった分余計に?w)多少は知識も追い付いてきました。すると、「最初の頃はつじつまが合ってなかったけど、最近(といっても二ヶ月前くらい)は合ってる」と言われるようになりました。それからは、いろいろなご相談を頂いたりするようになりました。

つまり、感覚だけでイメージを沸かせていた時は、結局自分の中だけの抽象的な理解で、その隙間を知識が埋めていき、ある時、全てが繋がり歯車が回りだす。

話しを戻しますが、3Dで物事を考えるという事は、単に立体的に、複合的に考えればよい、という事ではないように思います。立体的な思考の中枢が点的な思考であれば、それは点的思考なのでしょう。つまりは、安住の地を求めての事。

このニュアンスの違いは、きっとよく誤解されがちで、難しく、重要なように感じます。

(と、ここまで書いて読み返すと、なんだか話しが飛んでてまとまってない事に気付きました・・・)

ともあれ、根本の思考回路を、どのように構築していくのか、基本スペックを柔らか頭のまま高める作業に終わりはないのかなと。

はい。断片的雑感でした。また、書きます・・・

あ、断片エントリついでにもうひとつ。私は、何かを考える時、まずは、思考の限界の壁を外す作業から始めます。そのうえで、考え始めます。どちらかと言うと、頭の中を開け放ち、全てに対してオンラインにする感覚。なもんだから、言葉として出てくる時、自分だけのコンテクストになりがちです。今の課題のひとつです。はい。

なんだか最低なエントリになってしまった感が・・・

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す