気軽に“クチコミ”という言葉は使いたくないのが本音

未分類

気軽に“クチコミ”という言葉は使いたくないのが本音

仕事上“クチコミ”がどーだなんて言ってる事もありますが、私は、本来軽々しく使いたくないと思っておりました。なぜなら、私自身、全てを理解出来ている分けでもないのは重々承知ですし、なんだろ、クチコミと言えば、みな「あぁね」となる雰囲気への反骨精神かもしれませんし、というか、それよりも、ユーザー(消費者)目線で考える方が重要だと思いますし(=クチコミかもしれませんが)といった感じです。

▼ふたつの視点から見る“クチコミ”

こちらに書かれている“違和感”は、なんだかすごいよく分かる気がします。結局、WEB2.0なんて言葉のような流行モノのようにしか聞こえず・・・

Future Marketing Summitでパネリストの一人が言っていた「日本の企業は消費者を上から見ている」という言葉が強く印象に残った。

これだけは、真実なのではないかと思うわけでございます。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す