破滅に向かう日本のインターネット業界

広告

破滅に向かう日本のインターネット業界

最近、倒産寸前のホームページ制作会社の話を良く耳にするようになった。構図は次の通り。

多少のスキルを身につけたのでフリーで独立→経験と実績を積み仕事が増える→法人組織にし人を雇う→給料を払う為に案件数を増やす→同時に競合が増える→価格競争になる→仕事を増やすために知識の無い人が誇大営業する→赤字案件が増える→案件をこなす為に利益を削って人を増やす→利益を削れなくなり身動きが取れなくなる・・・

これは、仕事を出す企業側にも問題がある。それは、適正な価格を知らなさ過ぎると言う点(もちろん、適正な価格を提示しない制作会社にも問題はある)結果、制作会社が倒産すれば、企業も困る。同じ金額で違う制作会社に発注する事も困難だ。とすれば、最初の制作会社に支払った制作費は捨てる事になり、ノウハウも溜まらず、時間を失う。結果、「インターネットなんて所詮は・・・」ってな事になってしまう。

次に、インターネット広告はどうかと言うと。

企業のネット広告費も順調に伸び、さぞうまくいっているのだろうかと思うと、実はそうでもない、かもしれない。

結局、インターネット広告の利益率が低く、また、裏方の仕事も大変。そこで、ネット専業代理店御三家(サイバーエージェント、オプト、セプテーニ)が取った方法は、完全に「回す」為の体制を整える事。とにかく多くの媒体情報を集め、各企業の競合他社での実績データを添えて、ひたすら媒体資料をメールで送り続ける事。そう、どこの代理店よりも、早く、クライアントの元へ。

では、なぜ、そのような事をするのか?

インターネットの世界は、常に進化し続けており、スピードが速い。かつ、先に始めた人が勝ち、後追いするのは難しい。ので、常に新規事業への資金を潤沢に保つ必要がある。と言う事。(当然、他の要因もあると思いますが)

矢継ぎ早に届く、プレスリリース達。ここで、気づいて欲しい・・・

「そういった、インターネット関連の新しいサービスのプレスリリースのほとんどが、アメリカの真似をしたもの、また、日本国内に目を向けたもの!!という危機的な状況にあるという事を」

忘れていないだろうか、そもそも、インターネットとは、一つの手段に過ぎないが、日本やアメリカなどに限った「手段」では無いという事を。

例えば、最近話題の「セカンドライフ」これが何を意味するか本当にイメージ出来る人が一体どれだけいるだろうか。日本人や、アメリカ人だけがいる場所ではなくて、全人類が好きなように出来る、無限に広がる巨大なスペースが誕生しつつある事。セカンドライフ内の通貨であるリンデンドルが、世界共通の通貨となっても、なんらおかしくないし、国連本部がセカンドライフ内に置かれても、なんら、不思議はない。しかし、日本企業がやった事といえば、セカンドライフがオープンソース化されるという記事を見て、それに乗っかるビジネスをやろうとしてるだけ、また、「セカンドライフにリアルな国境なんか無い」にも関わらず、今の所、日本人向けのサービスしか考えていない。

他に、YouTubeしかりである。

むしろ、セカンドライフや、YouTubeよりも新しい、良いサービスを創りだそうという気が日本には、無い。のか?

思い出して欲しい、「インターネットは手段であり、その手段を使うと、地球規模で考えられる」事を。なぜ、日本のインターネット業界は、わざわざ「日本語」という国境を作り、その枠の中に納まりたがるのか!?

忘れてやいないだろうか、日本は資源が少ない。少ないのに、自然を破壊してきた事を。日本は、頭を使う事でしか、この、豊かさを保てない。であれば、インターネットは、日本にとっても、地球視点でのチャンスになるはず。日本人の伝統・文化や質の高い「ものづくり」を世界にアピール出来る良い手段だと思う。アメリカ式にこだわる必要も無い。

日本国内の企業の売上高が低くなれば、日本のインターネット関連企業の売上が落ちる。なんて、シャレにもならない。

本来、インターネット業界は、日本の国内総生産が下がっても影響されないように出来る業界のはず。逆に、日本を盛り立てる産業になれると、私は思う。

今の所、地球視点で動いているインターネット関連企業は、Googleしか、無い。それに、マイクロソフト、Yahooなどが追随しているくらいだろうか。また、インターネットを活用して、インドや中国が延びている。今は、まだ、下請け的な役割かもしれないが、いづれ、世界をリードしていくのは間違いない。いやいや、「国」は関係無くなるかもしれない。1人の少年が、世界を動かすかもしれないし、1企業が世界を動かすかもしれない。

そんな事を、イメージ出来る人が、いったい、どれだけいるのだろうか・・・

もっと視野を広く持った上で、今目の前にあるビジネスを考えたい。がんばるぞーっ!

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す