3D仮想コミュニティ「splume」≫空間リンクという概念

未分類

3D仮想コミュニティ「splume」≫空間リンクという概念

                                    <center><br />

http://www.splume.com/

 splumeは、専用ブラウザ「CRブラウザ」と「HUB(ハブ)」と呼ばれるアバターキャラクターを用いて、バーチャル空間でコミュニケーションできるサービス。ハブはファッションの着せ替えなどカスタマイズが可能なほか、日記やメッセージ送受信、フレンズリストといったSNS機能も備える。

 3Dバーチャルコミュニティという点では米国を中心に話題を集めている「Second Life」と似た特徴を持つが、splumeでは「ワールド」と呼ばれるバーチャル空間をユーザーが自由に作成できる点が大きな違い。ワールドは市販のCG制作ツールなどで制作でき、一般的なWebサーバーにもアップロード可能。発表会ではInfoseekのホームページスペースを利用したワールドのデモが紹介されていた。また、スプリュームでも2007円夏には公式のオーサリングツールを提供予定だという。

 ユーザーが独自に作成したワールドはURLがそれぞれ異なるが、splumeではこれら異なるワールドが1つのサーバーに存在するような感覚で表示・移動できる。これはスプリュームが特許を持つ「空間リンク」という考え方を取り入れたもので、空間そのものをURLとして認識し、空間の周囲につながる他の空間をURLで指定することで実現しているという。このため、CRブラウザにワールドのURLを直接入力することでもワールドを移動できる。
source:INTERNET Watch

これは、日本の会社さん?ですよね。

おー。来ましたねぇ☆

ってか、すみません。専門用語が多すぎで、

内容を、全て飲み込めてる分けではないですが、

とにもかくにも、まずは、登録。

おぉ。なにやら、たくさんブラウザが立ち上がった!

ん?R25のフラッグがあるなぁ。。。

レポートは、追ってUPします。
—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す