技術の進化と起こり得る変化

未分類

技術の進化と起こり得る変化

                                    いわずもがなな話しかもしれませんが。技術の進化により受ける最大の恩恵は時間だと思う。もし、一人あたり、一日で1時間多く(進化による、効率化により感覚的に)なったなら、余裕が生まれる。その余裕を全人類でシェア出来たなら、一日あたり六十億時間。そこから生まれるパワーは図り知れない。そう考えると、産業革命以後、爆発的に人類が進化を遂げる事が出来たのも頷ける。しかし、これは、大量生産・大量消費を生み出しましたが、“今”起きている進化は、もっと、質の違う「進化」(変化)まだ、未完成故に将来性がある。人々から時間を奪う行為を、すり抜け(簡単な例は、CMスキップなどで、一時間あたり、15分くらいの節約に繋がる)今まで使っていた(無駄な?)時間を自分の為に使える環境、つまり、Userに主導権が明け渡される。この流れは、止める事は不可能でしょう。なぜなら、隠れた「市民革命」だからだと感じてます。市民=Userが求めるものを、政府であれ、企業であれ、提供し続けなければ、必ず滅んでしまう。情報の操作は、インターネットの普及に伴い、難しくなってくる。(進む方向によれば、コントロールされてしまう時期も出来るでしょうが、“すぐにすり抜ける人が現れ、知識を共有すし”取り戻される)<br /><br />

インターネットの出現によって、可能になった事の一つでは、「知識を半永久的に蓄え、いつでも、誰でも、活用出来るようになった。それもワールドワイドに。」と思います。むかしむかし、人間の先祖様が、協力して生きていく事で、おじいさん、おばあさんという、“外部記憶装置”を手に入れ、知識を後世に伝える事が出来るようになった。その後、文字が生まれ、本などで残す事が出来るようになった。現在は、インターネットという世界に、どんな人でも、どんな情報でも残せるようになり、しかも、リアルタイムに誰でも見る事が出来るようになった。あとは、それをどう活用するかは、個人によるでしょうけど。そんな時代においては、非常にスピードが速くなる。私も、50くらいのサイトやブログを毎日ウォッチングしていますが、それだけでも、ボリュームが非常に多くなる。取捨択一は必要になりますが、もはや、「日々、認識を改めなければならない」時代になったのではないでしょうか。

↑以上が、↓「フラット化する世界(上)」を読んでのウケウリと感想です。

フラット化する世界(上)
フラット化する世界(上) トーマス・フリードマン 伏見 威蕃 日本経済新聞社 2006-05-25売り上げランキング : 161おすすめ平均 starstar多少難しい本ではあるが・・・star2006年マイベスト、星6つ!star世界の全ての道が通じたとき・・・Amazonで詳しく見る by G-Tools
                                -----

EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す